SHINJO MAG

神戸女子大学のWebマガジン「シンジョマグ」

ローソンと共同で商品開発に挑戦!商品設定編

Scroll down

商品開発PJ

234

2022.7.20

ローソンと共同で商品開発に挑戦!商品設定編

ローソンとの産学連携プロジェクトは、20〜30代の朝食を抜きがちな女性に向けて「食」に対する意識を高める取り組みです。前回は「コンセプトメイク」について学びました。この回は「商品設定」として、マーケティングデータを参照しながら商品カテゴリを決めていきます。今回もその様子をレポートします!

シンジョ生がシンジョ生にアンケートを実施。268名の回答を読み込んで考える!

3月3日(木)、「オトナ女子の食育」は3回目を迎えました。前回は、商品開発においてマーケティングが欠かせないことを学び、神戸女子大学という強みを活かしてシンジョ生にアンケートを実施することが決定しました。

第3回は、学生が出したアンケート項目をまとめ、実際に実施されたアンケートの結果発表からスタート。神戸女子大学の3・4年生を対象にしたライフスタイル・食生活・食事の好み・朝の過ごし方・流行などについての質問に対して、268名から回答を得られました。このアンケートデータを読み込み、各グループ・個人が感想を述べます。「朝食を食べていない人の理想の朝食はご飯だけれど、実際に朝食を食べている人はパンが多い」「食べる人は手軽に食べられるものを選択」「食べていない人は時間がない・寝ていたい」「朝食を摂っている人が多いのは、実家暮らしの人が多いからでは」など、様々な意見が出ました。

シンジョ生のアンケートデータをベースに社会人2年目女子を想像してキーワードを出す!

ここで、ローソン商品開発部の一木さんと魏さんによるワークショップです。このアンケートデータはあくまでシンジョ生のものであって、ターゲットとなる社会人女性のデータではありません。そこで、アンケートデータに加えて「社会人2年目の女性」の生活を想像しつつ、提案する朝食に必要なキーワードを出していくというものです。グループ・個人ごとにそれぞれが話し合って出されたキーワードは「手軽」「腹持ち」「高タンパク」「低カロリー」「バッグに入れても型崩れしにくい」「手や口周りが汚れにくい」など21個に上りました。一木さんと魏さんは「社内で出した際のキーワードは2個くらいだったので、シンジョ生の皆さんは頭が柔軟ですね」とお褒めの言葉もいただきました。

キーワードに適した商品カテゴリーを考える。圧倒的多数で「おにぎり」に決定!

キーワードが出揃ったところで次に考えるのは「どのカテゴリーの商品にするか」。7月に販売開始を予定しているため、開発期間を長く要する冷凍食品やアイスクリームは除外となりました。おにぎり・おかし・スイーツ・軽食・菓子パン・惣菜パン・お弁当・麺類・サラダ等からどれにするかをグループ・個人別に考え、理由と共に発表していきます。「手軽」「具材で栄養バランスを取れる」「腹持ちする」「食べやすい」などの理由から、菓子パンを選んだ1組以外の全組がおにぎりを推しました。一木さんと魏さんは「菓子パンと予想していたのですが、これだけおにぎりが多いとなると、おにぎりで進めましょう!」と、菓子パン組のシンジョ生も納得の上で、カテゴリーはおにぎりに決定しました。

そして、この日はひな祭りということもあり、ローソンの皆さんからのプレゼント「いちごのバウムクーヘン」をいただきました。次回は、この商品のパッケージ裏にも表記された株式会社オイシスから神戸女子大学の卒業生ゲスト講師が来られるとのこと。次回も楽しみですね!

今回特別に商品開発の様子をまとめた広報誌を9月に完成予定。
資料希望の受験生はコチラから資料請求してね!

twitter line
商品開発PJの記事一覧へ

学科特設サイト

PREV NEXT
日本語日本文学科 英語英米文学科 国際教養学科 教育学科 家政学科 管理栄養士養成課程 社会福祉学科 健康スポーツ栄養学科 看護学科 心理学科 総合生活学科 食物栄養学科 幼児教育学科