SHINJO MAG

神戸女子大学のWebマガジン「シンジョマグ」

Scroll down

健康スポーツ栄養学科の記事一覧

Sports

食と栄養のエキスパート! 栄養士が活躍するフィールド、どんどん拡大中!

特集

1977

2020.6.26

食と栄養のエキスパート! 栄養士が活躍するフィールド、どんどん拡大中!

栄養士はどんな場所でどんな仕事をしているの? 食や栄養に関する知識は今、あらゆる場所で求められています! 栄養士が活躍するフィールドをご紹介します。 現代人の栄養事情は、偏ったり、過剰になったり、ときには栄養不足になったりと深刻な状況です。でも、「食」は身体をつくるだけではなく、生活にうるおいをもたらしたり、心理的なストレスをやわらげるなど、長い人生でとっても大切なもの。だからこそ、「食」を支える栄養士の存在はますます重要になっているのです。 最近では、さまざまなところで健康や食、栄養についての知識が必要とされています。たとえば、高齢者や病気の方一人ひとりに対するケア、子どもの食育、監督やコーチなどとも連携したアスリートへの栄養補給提案、フードロス(食品廃棄)を解決するフードシェアの取り組みなど、栄養士の活躍の場は広がっています。 献立作成だけでなく、食事や食物の知識や大切さを教え、健康的に生きる力をはぐくむ「食育」の取り組みも。< オススメのフィールド > 小中学校の栄養教諭、 保育園・幼稚園・こども園の栄養士 アスリートが目標にしたいコンディションやトレーニングに合わせて、トータルな栄養補給法を提案します。< オススメのフィールド > スポーツクラブの栄養士、アスリート専属の栄養士 施設や地域で暮らす高齢者や障がいのある方一人ひとりの身体機能に合わせた栄養指導や食事の提供を行います。< オススメのフィールド > 福祉施設の栄養士 栄養の知識を活用しながら、商品コンセプトや原料、製造方法を考え、試作を繰り返しつつ商品を完成させます。< オススメのフィールド > 食品メーカーの研究職、飲食店のメニュー開発担当 患者さんの病状に合わせた栄養管理・指導、献立作成など。必要に応じて医師や看護師などと連携します。< オススメのフィールド > 病院・診療所の栄養士 身体に無理なくダイエットをしたり、健康的な身体づくりを行うための栄養・食事指導などを行います。< オススメのフィールド > 企業で働く人を支える栄養士、フィットネスジムの栄養士、大学や寮で食を支える栄養士 各地域の健康施策を考えたり、健康づくりの調査やイベントを実施。また、フードロス(食品廃棄)を解決するフードシェアへの取り組みも注目されています。< オススメのフィールド > 保健所や市町村保健センターの栄養士、都道府県や市町村など自治体の栄養士 シンジョには栄養を学べる学科が3つも! 学校全体の30%の人が未来の栄養士になっています。自分の想いが叶う学科で栄養士を目指しましょう。 卒業生全員の国家試験合格を目指し、合格者数は全国7位の実績を誇ります。卒業後、現場にすぐ対応できる実践力を身につけるため現場体験型の授業が多いのも特長。海外で学ぶチャンスもあります。 栄養学・食品学・衛生学・調理学をベースに、アスリートへの食事・栄養指導の知識を修得し、子どもの食育や中高齢者の健康維持などについても学びます。ヴィッセル神戸などの現場で実習やボランティア活動も。 充実した設備や外部との連携を活かしながら、「栄養学実習」など実験・実習重視の授業で技術力を高め、社会で即戦力となるスキルを身につけます。また、希望に応じて管理栄養士養成課程など4年制への編入も可能。 ※ 記載している情報は、2018年11月取材当時のものです。

スポーツに励む子どもたちをサポート!企業と共同で作った「ネルプロ」の開発ストーリーにせまる

特集

2787

2020.2.24

スポーツに励む子どもたちをサポート!企業と共同で作った「ネルプロ」の開発ストーリーにせまる

シンジョでは、企業と連携したプロジェクトが次々に生まれています。たとえば、健康福祉学部 健康スポーツ栄養学科の坂元先生と、株式会社ノイカの共同プロジェクト。大学×企業で生まれた商品「ネルプロ」の誕生秘話をご紹介します! 「ネルプロ」とは? サッカーのトップクラスを目指して練習に励むジュニアユース向けに開発された成長応援飲料。坂元先生が監修しています。 http://www.noika.jp/page/product-nelpro.html 〈プロフィール〉 坂元 美子 先生 神戸女子大学 健康福祉学部 健康スポーツ栄養学科の准教授。過去に、オリックスブルーウエーブの球団専属管理栄養士を務めていたり、今もスポーツチームの栄養指導を行っていたりと、スポーツ栄養の世界で活躍中。  〈プロフィール〉 乾條 卓也 さん 健康食品やサプリメントの企画・開発・販売を手がける株式会社ノイカの営業本部長。商品を通して子どもたちの成長をサポートしたいという想いから、スポーツチームなどへ足を運び、商品の魅力を伝えている。  「食べる力」も育てる商品を作りたい。 — 今日は、坂元先生とノイカさんのコラボレーションで誕生した商品「ネルプロ」の開発秘話をお伺いしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!  乾條さん/坂元先生: よろしくお願いします。 — では早速ですが、「ネルプロ」が生まれたきっかけは何でしょうか? 乾條さん: ノイカで勤めている社員からの声が、最初のきっかけでした。その社員には、サッカーチームに所属する中学生の息子さんがいて、チームからとあるプロテインドリンクを薦められていたんです。その商品の原料を見たときに、「ノイカならもっといい商品が作れるんじゃないか」って。 — 坂元先生に監修を依頼された理由は何ですか? 乾條さん: ノイカに在籍するアスレティックトレーナーへ相談したときに、坂元先生を紹介してもらったんです。「スポーツ栄養の第一人者」と聞いて頼まない手はないと思い、先生に監修をお願いしました。 坂元先生: そのアスレティックトレーナーは、私が専門学校で講師をしていたときの教え子なんです。本人から「プロテインの監修をお願いしたい」と言われたんですが、「私は引き受けないよ」って返事をしました。    — え!?断ったんですか? 坂元先生: 最初はね(笑)。私は、成長期の子どもにはできるだけサプリメントを摂ってほしくないと考えているので、ノイカさんの商品開発には力添えできないと思ったんです。 — それはなぜですか? 坂元先生: そもそもプロテインとは、たんぱく質をより体内に吸収しやすくした加工食品なんです。そして成長期は身体の大きさだけでなく、内蔵の消化吸収力も成長していく時期。そんな大切なときに、栄養補給をプロテインに頼ってしまうと、身体の見た目は大きくなっても内蔵の消化吸収力は弱いままになってしまいます。それはつまり、「食べる力」も弱いということ。プロとして活躍できたとしても、体力が落ちてしまったり、怪我をしやすくなったり、疲れを回復しづらくなったりと、パフォーマンスにも影響が出てきます。 乾條さん: 初めて坂元先生とお会いしたときにも、「プロテインは作りません」と言われて驚きました。考え方を、根底からくつがえされましたね。 坂元先生: 「食べる力」も育てるために、基本的には食事を通して必要な栄養素を摂ってもらうこと。あくまでも、食べた栄養を成長につなげる補助としての食品であること。このコンセプトで作るのであれば、“ぜひやりましょう”とお伝えしました。 練習から帰って、食事をとらずに寝てしまう。これまでの栄養指導で感じた課題を改善したかったんです。 — 具体的に、どのように商品開発を進めていったんですか? 坂元先生: まず、商品のコンセプトを明確にしました。私が大切にしたかったのは3つ。食事をしっかり摂ることをベースに、成長をサポートするための食品であること。牛乳と一緒に摂れること。寝ている間に、成長や回復を促せるようにすることです。 — 牛乳と一緒に摂ること、寝ている時間に着目した理由は何ですか? 坂元先生: サプリメントって、「これさえ摂っておけば大丈夫だろう」と思って食事を疎かにしがちな人も多いかと思います。でも牛乳とまぜることで食事感覚でおいしく飲めて、1日に必要なビタミン・ミネラルの3分の1を摂取できる配合にしてほしいとお願いしました。寝ている時間に着目したのは、これまでいろんなスポーツチームで栄養指導をしてきた経験を通して、寝る前に摂取できるものを作りたいと思っていたからです。 — 先生はこれまでに、大人から子どもまでトップクラスで活躍する選手のサポートをされてきていらっしゃいますよね。 坂元先生: はい。そこで活躍する子どもたちや保護者の方々から、練習で帰りが遅くなると、きちんと食事を摂らずに寝てしまうと聞きました。でも寝ている間に疲労が回復されて身体が作られるので、それらを促進できるように栄養はしっかり摂ってほしいなと。これまでの経験で感じた課題を改善したかったんです。 — 「ネルプロ」という名前も、商品の特徴が関係しているんですか? 坂元先生: そうですね。「寝ている間にプロに近づける成長応援飲料」という意味を込めています。 乾條さん: 先生にはご経験と実績があるので、商品のコンセプトや配合する栄養素や必要摂取量の計算をお願いしました。実は、ノイカはこれまでにスポーツジム向けや大人用のプロテインの開発は実績があっても、子ども向けの商品を開発した実績がなく、会社にとっても大きなチャレンジだったんです。でも先生の言うことなら間違いないと。先生のご意見をもとに、コンセプトをかたちにするための試作を進めていきました。 おいしさと、栄養のバランスがむずかしい。 — 商品づくりを進めるにあたって、苦労されたことは何ですか? 乾條さん: 先生から、商品に配合する栄養素と量を共有いただいたんですが、正直これらを実現しようとすると原料費がかさんでしまい、商品の値段も高額になってしまうと感じました。どれだけ原料の質が良くても、高額な商品は手にとってもらいづらい。でもお客様のためを思うと、質のいい原料を取り入れたい。お客様に本当にいいものをお届けするにはどうすれば良いのかを日々考えました。 — ちなみに、質の良い原料とはどのような物でしょうか? 乾條さん: 「ネルプロ」には、世界中でも2ヵ所でしか採れない天然のサンゴカルシウムを使っています。 — サンゴカルシウム!? 乾條さん: 日本の与那国島で採れる「サンゴカルシウム」です。海で育ったサンゴ由来のカルシウムで、74種類のミネラルが含まれています。栄養が豊富で貴重な素材のため、値段は通常のカルシウムとは大幅に違うんです。 — カルシウムと言っても、いろんな種類があるんですね。 乾條さん: そうなんです。でも成分表示は「カルシウム」としか表記しないので、サンゴカルシウムには数多くのミネラルも含まれていることまではお客様にお伝えできないんですよね。でもせっかく商品を作るなら中途半端なものではなく、とことん質にこだわりたいと思いました。 — 原料を決めてから、試作はスムーズに進みましたか? 乾條さん: トライアンドエラーでしたね。製造工場と何度もやりとりを重ねました。坂元先生にも試飲していただきましたね。 坂元先生:初めて飲んだときは、粉っぽさが気になりました。ココア味だけど、少しサプリメントっぽくて。 乾條さん: モニターとして、ノイカの社員の子どもたちにも飲んでもらったんです。そしたら「まずい」とか「〇〇のほうがおいしい」と言われまして…。しっかり栄養も入っていながら、おいしく飲めるように試作を重ねました。 坂元先生: 子どもと大人の味覚は違いますし、子どもは遠慮なく感じたことを言ってきますからね(笑)。 乾條さん: 試作してはモニターのみなさんに飲んでもらい、坂元先生にも味や成分を確認していただくことを繰り返しながら、2018年の冬に「ネルプロ」が完成しました。 「ネルプロ」はネットでのみ販売しているのですが、なんと楽天市場では応援成長飲料のカテゴリで1位を獲得。お客様から300件以上のレビューをいただいています。 楽天市場のページはこちら https://item.rakuten.co.jp/noikashop/10000006/ 坂元先生: 本当に嬉しいですね。これまで私が栄養指導を行ってきた富山第一高校と京都橘高校のサッカー部にも、「ネルプロ」を紹介させていただきました。富山第一高校は、全国のトップクラスのサッカーチームが競う「プレミアリーグ」参入戦に向けての合宿で、「ネルプロ」を飲んでもらいました。  富山第一高校での試飲会のようす。栄養指導とあわせて、「ネルプロ」の特徴や飲み方を紹介しました。 坂元先生: 部員のみなさんからは、「飲みやすくておいしい」というコメントをもらいました。それにマネージャーの方からは、「これまで飲むヨーグルトを飲ませていたけれど、これからはネルプロに変えます」とお話をいただいて嬉しかったですね。「ネルプロ」には、疲労を回復するビタミン・ミネラルがしっかり含まれているので、試合が立て込んだときにも活用してもらえればと思います。  ネルプロの見た目は、まるでココア。 ネルプロを試飲する部員さん。 坂元先生: 京都橘高校では、「グロイエンリーグ」という1年生限定の試合に向けて、「ネルプロ」を試飲していただきました。特に1年生は、これからの3年間で身体をより強くしていくためにも、栄養をしっかりと摂ってほしいと思います。 大学・企業・機関がひとつのチームとなって、スポーツに励む子どもたちをサポートしていきたい。 — 販売から1年で、こんなにも反響があるのは素晴らしいですね。今後のビジョンや展望をお聞かせいただけますか? 乾條さん: 「ネルプロ」をきっかけに、新しい成長応援飲料の開発が始まっています。先日、関東で約2,000名の子どもたちへサッカーの指導を行っているスポーツクラブに足を運んだとき、コーチの方々から「子どもたちが朝食を食べなくて悩んでいる」という話を聞きました。実はコーチの一人が坂元先生の大ファンで、「ネルプロ」もご存知だったんです。新しい商品開発につながると感じ、坂元先生にご相談しました。 坂元先生: そのお話を聞いて、「ネルプロ」は夜寝る前に飲む商品だったので、次は朝ごはんと合わせて摂取できるような食品がつくれないかと思いました。それに今、健康スポーツ栄養学科では「若者の朝食欠食改善プロジェクト」に取り組みはじめています。その活動や学生も巻き込みながら、新しい商品作りやプロジェクトをノイカさんと一緒に進めていきたいです。 乾條さん: 健康スポーツ栄養学科の学生さんには、ノイカの別の商品開発でもサポートしていただいていますよね。選手へのアンケート調査やデータ解析など、本当に助かっています。今後はさらに活動を広げていく予定なので、学生さんもノイカとのプロジェクトをきっかけにたくさんのチャンスで学んだ知識を活かして欲しいですね。 坂元先生: 選手やチームへの栄養指導を行う機会も増やしていきたいです。健康スポーツ栄養学科では「スポーツ栄養アドバイザー」の資格が取得できるので、資格をとった卒業生がチームの指導を行うなど、活躍の場を広げるきっかけになれば嬉しいです。 乾條さん: 実際に、スポーツクラブの方から栄養指導をしてほしいとお話をいただいているので、実現に向けて進めています。神戸女子大学さんとノイカ、さらにスポーツチームや病院など、いろんな機関が一丸となって、スポーツに励む子どもたちの成長をサポートしていけたら嬉しいです。 これからも、よろしくお願いいたします。 坂元先生: 私も健康スポーツ栄養学科をはじめ、学科を越えて神戸女子大学全体へ活動を広げていきたいです。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

Keywords

学科特設サイト

PREV NEXT
日本語日本文学科 英語英米文学科 国際教養学科 教育学科 家政学科 管理栄養士養成課程 社会福祉学科 健康スポーツ栄養学科 看護学科 心理学科 総合生活学科 食物栄養学科 幼児教育学科